食物繊維やクロロフィルが豊富な青汁

いま気になってる青汁があって、その青汁の特徴はと言うと、
粒状になっているので簡単に飲めるという点のようです。
これが大きな特徴の1つであり、他の大きな特徴は、
九州産のケール、クロレラ、沖縄産長命草という天然成分で、
かなりこだわりを持って生産されているところも特徴的です。

クロレラやケールが栄養に富んでいるというのは、
ビタミン、ミネラル、食物繊維、アミノ酸が含まれていることからも
わかると思いますが、この青汁は、食物繊維やクロロフィルが豊富なので、
便秘でお悩みの方におすすめですね。

実際、この商品の購入者の感想を見ると、
便秘解消、便通が良くなったというような感想が多かったりします。

そのほかにも、青汁が得意でない人でも粒を飲み込んでしまえば、
一瞬であの独特の味から解放されるので気に入ってるという方も
多いようですよ。こう聞くとなんか青汁嫌いの方のための青汁?
と、なんだか不思議な感じですね。

もろみ酢ダイエットで注意すること

もろみ酢ダイエットが注目され始めて結構な時間が経ちますが、
その成果を実感できたという方が多いのか、いまだに根強く人気がありますね。
言い換えると、それだけ多くの方が自分に合ったダイエット法に出会った
ということかもしれませんね。実感できることは何よりうれしいですもんね。

でも、このダイエット法って注意する点があるのをご存知でしょうか?
といっても、空腹時に飲むと胃に負担がかかるので避けましょうということ。
飲めば飲むほど効果が上がることはなく運動量とのバランスが大切ということ。
注意するのはこの2点です。とっくにご存じという方も多いかもしれませんね。

関係ないけど、お酢を飲むと体が柔らかくなるというのは、
全く根拠がない話らしいですね。

しっかりと有酸素運動をしてクエン酸とアミノ酸のパワーで
脂肪の燃焼をサポートしてもらうことで、ダイエットをしつつも
リバウンドをしにくい体を作って効果的なダイエットをしてくださいね。

泡は細かい方が良いんです!

洗顔の時、石鹸を泡立てると思いますが、
この泡はやはり細かい方が良いようですね。

なぜかというと、細かい泡は潰れづらいし、
細かい部分まで入り込め、たくさん汚れを吸い取るからです。

肌表面に触れて汚れを吸着する際、気泡が大きければ大きい程、
潰れやすくなります。そして潰れてしまうことで、
汚れをそこに置き去りにしてしまうことが往々にあります。

また同じ大きさの大きな気泡と細かい気泡群で汚れを吸着可能な
面積を比較すると、大きな気泡の方が細かいものより、
面積が小さくなるそうです。面積が小さいということは
取れる汚れの量も少なくなるということになりますよね。

それと大きい気泡と小さい気泡では、肌のキメなど細かい部分に
入り込んで汚れを吸い取るのにどちらが優れているかということは、
小さい気泡の方が断然有利ということはわかると思います。

いろいろな洗顔石鹸が泡の細かさをアピールするのは、
こういった理由などから、細かい泡の方が効果的と考えているのだと思います。

毛穴が原因となる老け顔とは

エイジングケアを始めるきっかけの1つとして、
30歳を超えてふと鏡を見たときに自分の顔が老けたように感じ、
この年齢による肌の老化を何とかしたいという感じで始めたという方も
意外と多かったりするのではないでしょうか。

そんな顔が老けているという印象を与えてしまう原因は
黒ずみやデコボコ、たるみ毛穴などといった毛穴によるものが考えられます。
こういった毛穴の目立ちが見た目年齢を引き上げてしまうことがあるので、
毛穴ケアはとても大切なこととなっています。
その証拠というわけではありませんが、世の中にたくさんの毛穴ケアが
あるのは、この必要性と需要があるからだと感じています。

たくさんの毛穴ケアってどんなのがあるの?という感じかもしれませんが、
毛穴の目立ちが気になる30代女性に支持者が多いという毛穴ケアがあって、
それはクレンジング、洗顔料、化粧水、乳液の4点セットで、
この4点すべてにアーチチョーク葉エキスが配合されているというものがあり、
かなり話題となっているものです。

これの他にも特徴を持った毛穴ケアはたくさんあるので、
自分に合ったものと巡り逢えると良いですね。

スッキリするけど突っ張らない

洗顔石鹸やクリームで洗顔すると、汚れは落ちてさっぱりするけど
突っ張ってしまって困った経験があるという方は多いと思います。
でも、汚れは綺麗に落ちてるから我慢我慢と妥協したりもするようですね。

洗顔後、さっぱり感があって突っ張らないというクリーム洗顔もあるのに
出会えていないというのがなんか可哀想です。巡りあわせってやつですかね。

しかもそのクリーム洗顔は、クリームを手に取って泡立てたら、
顔全体に塗って軽くマッサージすればOK。後はすすぐだけ。

これだけですが、高濃度のもっちりとした泡が、
毛穴に入ったファンデーションもごっそりと綺麗に吸着して
取り除いてくれるので洗い上がりはさっぱりします。

それに保湿や潤い成分もたっぷり入っていたり、
洗い上がりが突っ張らないそうです。

毛穴の奥の汚れまでさっぱりと落としてくれつつ、
突っ張らずにエイジングケアにもなってるという
クリーム洗顔はスグレモノです。

加齢による肌にお悩みを持っている方の問題解決とかにもなったら
されに素晴らしいって感じですね。

洗顔石鹸でもっちり泡を作る

発売から24年も経つのにいまだ10秒に1個売れているという洗顔石鹸は、
やはり売れ続けるだけの理由があるのかもしれませんね。
使ったことあるもののみぞ知るアンクソープのパワーといったところでしょうか。

このアンクソープがセット内容に含まれる素肌つるつるセットというものが
あるんですが、そのサイトにアンクソープでのもっちり泡の作り方があったので
簡単に紹介してみようと思います。

・もっちり泡の作り方

1.アンクソープとネットに軽く水を掛け、ネットに石鹸を入れる
2.15~30回くらいネットに石鹸をこすりつける
3.ネットから石鹸を取りだし生クリームのようになるまでネットを揉む
4.しっかり泡立ったら指の間からネットを抜き出し手の平で泡を受け止める
5.手の平を下に向け、泡が落ちないようならもっちり泡の出来上がり

と、このようなやり方で泡を作っていきます。

ワンポイントアドバイスとしては、泡立てる時は空気を含ませるように揉みこみ、
途中でお水を数滴加えると泡立ちがとても良くなるそうです。