泡は細かい方が良いんです!

洗顔の時、石鹸を泡立てると思いますが、
この泡はやはり細かい方が良いようですね。

なぜかというと、細かい泡は潰れづらいし、
細かい部分まで入り込め、たくさん汚れを吸い取るからです。

肌表面に触れて汚れを吸着する際、気泡が大きければ大きい程、
潰れやすくなります。そして潰れてしまうことで、
汚れをそこに置き去りにしてしまうことが往々にあります。

また同じ大きさの大きな気泡と細かい気泡群で汚れを吸着可能な
面積を比較すると、大きな気泡の方が細かいものより、
面積が小さくなるそうです。面積が小さいということは
取れる汚れの量も少なくなるということになりますよね。

それと大きい気泡と小さい気泡では、肌のキメなど細かい部分に
入り込んで汚れを吸い取るのにどちらが優れているかということは、
小さい気泡の方が断然有利ということはわかると思います。

いろいろな洗顔石鹸が泡の細かさをアピールするのは、
こういった理由などから、細かい泡の方が効果的と考えているのだと思います。